薬剤部における研究

 病院薬剤業務が拡大する一方、薬剤師の定員は依然としてほとんど変わらないため、研究をやるゆとりがないというのが多くの病院が抱える問題です。確かに実験動物や培養細胞を使った基礎研究をする余裕は一部の施設を除きほとんどないのが現状です。
 ところで、臨床現場においては、これまでの調剤、製剤、注射薬無菌混合調製などの薬剤業務に加え、緩和ケア、感染対策、褥瘡対策、栄養支援、肝疾患治療、HIV治療、各種がん治療においてチーム医療のメンバーとして加わるようになり、薬物治療における薬剤師の役割や期待が大きくなっています。最近、多くの疾患において治療ガイドラインが作成されておりますが、現場においてはガイドラインや医薬品添付文書等に従って治療を行っても十分な効果が得られなかったり、副作用に悩まされることがよくあります。さらに、医師も多忙を極めるため、薬の用法や用量を誤ったり、副作用に対して適切な対策が行われないこともあります。そこにこそ薬剤師職能を発揮すべきであり、責任を持って積極的に薬物治療に関わらなければなりません。この場合、常に治療効果の改善や患者さんの生活の質(QOL:quality of life)の向上を目指し、目標に到達するための創意工夫を忘れず、いろいろ知恵を絞ることが必要になります。つまり、研究マインドを持って薬剤業務に取り組むことが求められます。さらに、臨床業務において得られた成果は論文としてまとめ、国内外に情報発信することが重要です。
 そういった意味から、岐阜大学病院薬剤部では
『薬剤業務に基づく研究(Practice-Based Research)』
を積極的に進めています。
 一方、当院薬剤部には岐阜薬科大学から学生が研究を目的として毎年数名ずつ配属され、臨床研究を中心に取り組んでもらっています。必要に応じて基礎研究も行っており、これについては、岐阜薬科大学や岐阜大学医学部との共同研究を行っています。これまでに当院薬剤部にて取り組んできた研究テーマの一部を紹介します。
薬剤業務における研究 【業務に基づく研究】
【医薬品開発研究】
デキサメタゾンを含有する口腔内速溶解フィルム製剤の開発:抗がん剤投与時の制吐対策への応用 [薬剤部/岐阜薬大/外科]
【薬剤業務に基づく研究】
放射線化学療法が行われた頭頸部癌患者での口内炎予防対策としてのポラプレジンクの有用性評価と医薬品としての開発に関する研究 [薬剤部/耳鼻科]
抗菌薬リネゾリドによる血小板減少発現のリスク解析と対策立案に関する研究 [感染対策チーム]
抗MRSA抗菌薬の初期負荷投与設計の有用性評価と院内適用基準の確立に関する研究 [感染対策チーム]
(エビデンス−診療ギャップの補完:医療の質研究)
オピオイド鎮痛薬による便秘ならびに悪心・嘔吐の予防対策実施状況の調査ならびに対策推進の効果に関する研究 
[薬剤部全体]
(多施設共同研究)
オピオイド鎮痛薬投与時の緩下剤ならびに制吐剤予防投与の有用性評価に関する研究:J-RIGID(Japan Relief of Opioid-induced Gastrointestinal Dysfunction)study [4県病院薬剤師会/35施設]
開局薬剤師との連携によるジスロマックSRドライシロップの下痢発現状況と患者服用感調査に関する研究 
[薬剤部/門前5軒の保険薬局]
高次救命治療センター入院患者における腎機能マーカーとしてのシスタチンCの有用性評価ならびに抗菌薬のTDM法の確立に関する研究 [薬剤部/高次救命治療センター]
外来がん化学療法への薬剤師の関わりとその成果に関する研究 [外来がん化学療法チーム]
抗がん剤治療を受けた乳癌患者における制吐薬5-HT3拮抗薬の単回および反復投与時の制吐効果の比較 
[薬剤部/乳腺外科]
レボホリナート先発品および後発品の抗腫瘍効果ならびに副作用発現についての比較試験 [薬剤部/消化器外科]
Antimicrobial stewardship への感染制御専門薬剤師の関わりとその成果に関する研究 [感染対策チーム]
5-HT3受容体占有率ならびに制吐効果におけるアザセトロン内服薬とグラニセトロン注射薬の比較試験 [薬剤部/呼吸器内科]
メトホルミンによる下痢の発現要因の解析と予防対策の確立に関する研究 [薬剤部/糖尿病内科]
【システム開発研究】
電子カルテと連動した抗がん剤調製・鑑査支援システムの構築に関する研究 [薬剤部/糖尿病内科]
【基礎研究】
細胞障害における細胞内セラミドの役割に関する研究 [薬剤部/九州大学/岐阜薬科大学/医学部細胞情報学]
抗がん剤による末梢神経障害に対する保護薬の検索に関する研究 [薬剤部/九州大学/岐阜薬科大学]
LC-MS/MSを用いた医薬品定量法開発に関する研究 [薬剤部/岐阜薬科大学]