・調剤部門
 ・製剤部門
 ・薬品試験部門
 ・感染制御部門
 ・薬剤管理指導部門
 ・外来化学療法部門
 ・薬品管理部門
 ・医薬品情報管理部門
 ・治験管理部門
 ・教育研修部門
 薬剤管理指導部門

【病棟薬剤師】
 現在、16名(専任2名、併任14名)の薬剤師が11病棟(各病棟・各診療科)に、2名の薬剤師が高次救命治療センターに配属され、薬剤管理指導に関わっています。
 入院患者さんの薬物治療に薬剤師が積極的に関わり、多くの患者さんに対して、検査データ、病歴、薬歴などの情報をもとに処方された薬の内容や用量のチェック、患者さんへの服薬説明、治療効果や副作用のモニタリングなどを行うように努めています。
【チーム医療への参画】

 専門分野においては医師、看護師、薬剤師、その他の医療スタッフが協働で治療に関わるチーム医療が進められています。チーム医療として、がん化学療法・感染制御・栄養サポート・褥瘡対策・緩和ケアなどがあり、薬剤師も積極的にチーム医療に参加し、薬剤師の職能を発揮しています。
 医療が高度化し、さらに、毎年多くの新薬が開発されている現状においては、薬剤師は常に新しい治療法や医薬品に関する知識を幅広く身につけるとともに、専門領域に特化した知識と経験を積むことがチーム医療においては必要となります。当院では、がん、感染、栄養管理の領域において専門薬剤師の資格を取得した薬剤師がそれぞれの領域で活躍しており、また若手薬剤師も種々の領域の専門薬剤師を目指して頑張っています。
【薬剤管理指導業務の推進】
 薬剤部では、特に抗がん剤治療において、患者さん自身が自分の副作用をモニタリングできるような自己チェックシートを作成しています。
《副作用モニタリングシート》
《化学療法チェックシート》
 薬剤管理指導業務においては、治療が困難な症例や副作用対策が困難な症例にしばしば出会います。このような場合は、1人で悩むのではなく、薬剤部全員で討議し、問題解決に向けて取り組むようにしています。例えば、抗がん剤治療における吐き気や嘔吐、がんによる疼痛の緩和、薬剤による肝障害や血小板減少といった副作用の原因究明と重篤化の回避など、薬剤部全員で検討して解決できた事例が多くあります。これらの問題のいくつかは研究として取り組み、データを集めてエビデンスを構築するといった取り組みも行っております。
 また、当院では今後2年の計画で全病棟に薬剤師を配置する予定です。現在は、モデル病棟を2病棟設置し薬剤師が常駐し病棟薬剤業務の確立を行っています。私たちは、薬剤師が病棟に常駐することにより薬物療法の質的向上に大きく貢献できると考えており、その成果を客観的に示していく必要があると考えています。