・調剤部門
 ・製剤部門
 ・薬品試験部門
 ・感染制御部門
 ・薬剤管理指導部門
 ・外来化学療法部門
 ・薬品管理部門
 ・医薬品情報管理部門
 ・治験管理部門
 ・教育研修部門
 製剤部門

製剤部門の主な仕事は、
(1) 抗がん剤や高カロリー輸液の無菌混合調製 
(2) 院内製剤の調製・管理および診療科への提供
(3) 製剤の処方や調製方法に関しての研究
 製剤室では、注射用抗がん剤や高カロリー輸液の無菌混合調製、無菌ならびに一般院内製剤の調製を行っています。注射用抗がん剤の無菌調製については、100%薬剤部で実施しています。調製においては、抗がん剤長期曝露による被害防止の観点から、安全キャビネット内で実施し、特定の抗がん剤を調製する場合には閉鎖式抗がん剤調製キット(ケモセーフ)を使用しています。
【新設計安全キャビネット・クリーンベンチ/注射剤調製鑑査支援システムの開発】
独自に開発した注射剤調製鑑査支援システム
 薬剤部では、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌的な混合調剤を、安全かつ確実に行うため、注射剤混合調製・鑑査支援システムを装着した安全キャビネットをTOSHO(株)および三田理化工業(株)と共同で開発しました。
 このシステムは、電子カルテと連動したコンピュータを内蔵し、患者さんの処方、病名、検査値などの情報を安全キャビネットやクリーンベンチ内において閲覧でき、さらに抗がん剤の調製上の注意や特性が登録されているため、画面に映し出された調製手順、注意事項などの指示に従って作業を進めます。また、バーコードリーダが装着され,各抗がん剤に貼付されたRSSコードを認証することにより抗がん剤の取り間違いを防ぎ,さらに電子天秤を装着することによって採取する容量をチェックするシステムとなっています。
【注射剤調製鑑査支援システム】
 薬剤部内の無菌室における抗がん剤あるいは高カロリー輸液の無菌調製は、注射剤調製鑑査支援システムを使用することによって、経験が浅い薬剤師でも確実に混合調製が行えるようになり、また通常二人の薬剤師を要する作業が一人でも行える画期的なシステムになっています。
 現在、全ての注射薬にはRSSコードのラベルが貼付され、このコードを認証することによって注射薬の内容を把握することができます。注射剤調製鑑査支援システムには、RSSコードを認証するバーコードリーダーが装着されており、調製時には注射アンプルもしくはバイアルをバーコードリーダーに認証させることによって、薬剤の取り間違いを完全に防いでいます。
 さらに、注射剤調製鑑査支援システムは、各種抗がん剤の比重が医薬品マスタに登録されているため、調製に必要な容量(mL)が重量(g)に換算されます。フード内にはコンピュータシステムに接続した電子天秤が置かれてあり、抗がん剤のアンプルもしくはバイアルの重量を薬液の採取前後に測定することにより、採取量が計算されるシステムになっています。また、必要量と採取量の差が5%を超えると警告メッセージが表示され、次の操作に進めない仕組みになっています。
 電子カルテと薬剤部門のサーバには、調剤者、調製者、および鑑査者の名前、実施日時が記録されます。これによって薬剤部で混合調製した薬剤の信頼性が飛躍的に向上しています。
調製鑑査支援システムを使用した一人調剤
(各薬剤師は単独で抗がん剤を調製)
薬品バーコードを利用した薬品認証