・調剤部門
 ・製剤部門
 ・薬品試験部門
 ・感染制御部門
 ・薬剤管理指導部門
 ・外来化学療法部門
 ・薬品管理部門
 ・医薬品情報管理部門
 ・治験管理部門
 ・教育研修部門
 薬品管理部門

薬品管理部門の主な業務は、
(1) 医薬品の購入計画
(2) 医薬品の検収、出納、保管および供給
 薬務室の業務は、病院で使用されるお薬の購入管理や薬剤部で使用する物品管理のほか、病院内外の各部門との連絡、薬剤部職員の事務手続きなどを主な業務としています。
【薬品管理】
 病院の中ではお薬による治療が非常にたくさん行われており、いつもお薬が使用できる状況を維持していないと患者さんの治療ができなくなるばかりではなく、最悪の場合、患者さんの生命に関わる事態にもなりかねません。
 また、岐阜大学病院で購入された薬品の金額からも分かるようにお薬は非常に高価なものが多く、無駄なお薬をたくさん購入すれば、病院にとって大きな損失を招くことになります。


 一方、お薬は数量管理だけを行っておればよいというわけではなく、お薬は患者さんが直接使用するものであるので納入間違いは許されません。さらに、図に示したようにお薬は経時的に劣化していくため常に新しい薬品を購入することに努め、患者さんが使用する直前まで品質を確保しなければなりません。
医薬品の品質の継時変化










 岐阜大学では購入間違いの防止や品質を確保するために、コンピュータ管理による物流システムを導入して、お薬の品質を確保するとともに無駄なく効率的な使用を心掛けています。
納入薬品の検収