・調剤部門
 ・製剤部門
 ・薬品試験部門
 ・感染制御部門
 ・薬剤管理指導部門
 ・外来化学療法部門
 ・薬品管理部門
 ・医薬品情報管理部門
 ・治験管理部門
 ・教育研修部門
 医薬品情報管理部門(DI)

医薬品情報管理部門の主な仕事は、
(1) 医薬品情報の収集・整理・保管
(2) 医薬品情報の提供
(3) 医薬品情報に関する質疑応答
(4) 薬事委員会の開催
(5) 病院情報システムのマスター管理
(6) 薬剤部情報システムの作成・管理
 医薬品情報管理室(DI : Drug Information Services)は、「医師、薬剤師、看護師、その他の医療従事者ならびに患者さんへの医薬品情報の提供を通じて良質かつ適正な薬物療法の発展をはかり、医療の質の向上と効率化に寄与すること」を目的として、医薬品情報の観点から医療を支援するための部門です。医薬品や治療等に関する様々な情報を収集し、口頭や紙媒体での提供はもちろんのこと、各種データベースやホームページ等のITを効率的に利用して、情報提供および情報共有を実践しています。
【薬剤部ホームページ】
 当院薬剤部では、医薬品情報のオンラインでの提供や、リアルタイムな情報・膨大な情報の配信を薬剤部のホームページを介して行っています。DIニュースは、医薬品の採用や削除に関わる情報、厚生労働省の副作用情報、院内での薬物利用に関わる情報など、様々な医薬品関連情報を記載した情報誌であり、院内全医療部門に配信しています。2012年1年間では計35回発行しました。
【提供内容】
・DIニュース
・病院医薬品集
・医薬品基本情報(添付文書、インタビューフォーム)
・添付文書改訂案内
・包装変更案内
・販売停止、供給停止案内
・適正使用情報
・公知申請情報
【医薬品情報説明会による情報提供】
 ホームページで提供している医薬品情報の中で特に重要な情報については、薬剤部内で毎月開催している「医薬品情報説明会」においてプレゼンテーションによる情報提供を実施しており、外来や病棟での薬剤師による情報提供を支援しています。説明会には門前薬局の薬剤師の先生方にも参加して頂いており、医薬品情報の共有のほか、院内外における処方の様々な問題についても討議しています。詳しくは「医薬品等情報提供」の「医薬品情報説明会」をご覧下さい。
【薬剤部内専用情報システム「G.P.I.S.」】
〔クリックすると詳細が表示されます。〕
 薬剤部では、部門内のPCネットワーク(LAN)環境において、医薬品情報をはじめとした下記の情報をGifu Pharmacy Information System(G.P.I.S)で共有して、利用できるようにしています。

【情報】
・医薬品情報の検索
・文献・メディアの検索
・薬剤部業務情報の登録・利用
・薬剤管理指導業務の登録・利用
・薬剤HPの閲覧
【病院情報システム(HIS:Hospital Information System)薬品マスターの一元管理
 近年の病院情報システムにおける電子カルテによる処方オーダは、業務の効率化とともに医療安全の観点からも非常に重要な機能です。医薬品情報管理室では、オーダによる処方入力の効率化や医療安全情報の提供、各種調剤機器の運用や患者さんへの情報提供等を正確かつ適正に管理できるようにするため、約300〜400項目にも及ぶ各ベンダーの膨大な医薬品の個別情報をMicrosoft Accessで開発した独自のデータベースにより一元的に管理しています。医薬品マスターの管理を薬剤師が行うことで、投与量や相互作用のチェックはもちろんのこと、「警告」の表示、錠剤の粉砕・半錠投与・一包化の可否、注射手技のチェック等を薬品毎に設定しています。また、当院薬剤部が独自に開発した処方支援システムでは、薬品毎に禁忌となる臨床検査値を設定し、電子カルテにある患者さんの臨床検査データから処方鑑査を自動的に実施でき、病態に基づいた確実かつリアルタイムなチェックにより適正な薬物治療の推進に貢献しています。
【薬事委員会の事務局運営】
 当院では、院内で使用される医薬品の採用や既に採用された医薬品の削除などについて、3ヵ月毎に開催される薬事委員会において審議しています。医薬品情報管理室では、この薬事委員会の事前調整や各種資料の収集・作成を行っています。また、製薬メーカーMRによる新薬の宣伝活動前に事前ヒアリングを実施しています。さらに、定期的に院内の処方歴データベースから薬品使用量を算出し、使用実績データをまとめ、医薬品の削除に関する審議に必要な資料の作成も行っています。
【医薬品情報および書籍の管理】
 DI室は、様々な情報源から医薬品情報を入手するため、各薬剤の添付文書、インタビューフォーム、総合製品情報、各種改訂案内等, 緊急安全性情報、医薬品・医療機器等安全性情報、DSU、WEB情報や製薬メーカーMRからの情報等、医薬品や情報の種類毎に保管し、かつPCでもデータ保管・管理しています。これらの情報は、薬剤師各個人のPCからでもすぐに入手できるようになっています。
 書籍については、あらゆる分野の疾患や治療に関する書籍が数多く揃っており、これらの書籍すべてがDI室で管理されています。また、多くの月刊誌も管理されています。