業績 [ 2020年 ]
原著論文(英文)
1. Watanabe D, Fujii H, Matsuhashi N, Iihara H, Yamada Y, Ishihara T, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A. Dose Adjustment of Oxaliplatin Based on Renal Function in Patients With Metastatic Colorectal Cancer. Anticancer Res. 2020; 40:2379-2386.
2. Watanabe D, Fujii H, Yamada Y, Iihara H, Ishihara T, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A. Relationship Between Renal Function and the Incidence of Adverse Events in Patients With Colorectal Cancer Receiving Oxaliplatin. Anticancer Res. 2020; 40:299-304.
3. Iihara H, Shimokawa M, Hayasaki Y, Fujita Y, Abe M, Takenaka M, Yamamoto S, Arai T, Sakurai M, Mori M, Nakamura K, Kado N, Murase S, Shimaoka R, Suzukia A, Morishige KI. Efficacy and safety of 5 mg olanzapine combined with aprepitant, granisetron and dexamethasone to prevent carboplatin-induced nausea and vomiting in patients with gynecologic cancer: a multi-institution phase II study. Gynecol Oncol. 2020; 156:629-635.
4. Kawaguchi Y, Hanaoka J, Hayashi H, Fukuda Y, Iihara H, Suzuki A, Sugiyama T. Clinical efficacy of osimertinib for a patient with ileus due to peritoneal carcinomatosis. Clinical Case Reports.2020; 8:347-350.
5. Yamada H, Kobayashi R, Shimizu S, Yamada Y, Ishida M, Shimoda H, Kato-Hayashi H, Fujii H, Iihara H, Tanaka H, Suzuki A. Implementation of a standardized pharmacist check of medical orders prior to preparation of anticancer drugs to reduce drug wastage. Int J Clin Pract. 2019: e13464.
6. Fujii H, Matsuhashi N, Kitahora M, Takahashi T, Hirose C, Iihara H, Yamada Y, Watanabe D, Ishihara T, Suzuki A, Yoshida K. Oncologist. Bevacizumab in Combination with TAS-102 Improves Clinical Outcomes in Patients with Refractory Metastatic Colorectal Cancer: A Retrospective Study. Oncologist. 2020; 25(3):e469-e476.
7. Iihara H, Shimokawa M, Hayashi T, Kawazoe H, Saeki T, Aiba K, Tamura K. A nationwide, multicenter registry study of antiemesis for carboplatin-based chemotherapy-induced nausea and vomiting in Japan. Oncologist., 2020; 25:e373-e380.
8. Horikawa Y, Suzuki A, Enya M, Hashimoto K, Nishida S, Kobayashi R, Ohashi T, Yamazaki F, Totani R, Kobayashi H, Yamamoto M, Itoh Y, Takeda J. Periodontal disease may be associated with the occurrence of diabetic retinopathy: A subgroup analysis of the survey of the Diabetes Coordination Notebook in Gifu. Exp Clin Endocrinol Diabetes. 2020; 128:231-238.
9. Fukuta T, Okada H, Takemura G, Suzuki K, Tomita H, Suzuki A, Oda K, Uchida A, Matsuo S, Fukuda H, Yano H, Muraki I, Zaikokuji R, Kuroda A, Nishio A, Sampei S, Miyazaki N, Hotta Y, Yamada N, Watanabe T, Morishita K, Doi T, Yoshida T, Ushikoshi H, Yoshida S, Maekawa Y, Ogura S. Neutrophil elastase inhibition ameliorates endotoxin-induced myocardial injury accompanying degradation of cardiac capillary glycocalyx. Shock. 2020; 54:386-393.
10. Suzuki K, Okada H, Takemura G, Takada C, Tomita H, Yano H, Muraki I, Zaikokuji R, Kuroda A, Fukuda H, Nishio A, Tamaoki Y, Takashima S, Suzuki A, Miyazaki N, Hotta Y, Fukuta T, Kitagawa Y, Yamada N, Watanabe T, Nagaya S, Doi T, Yoshida T, Kumada K, Ushikoshi H, Yoshida S, Ogura. Recombinant Thrombomodulin Treatment Protects the Endothelial Glycocalyx from Endotoxemia-Induced Pulmonal Injury Possibly by Glycocalyx Synthesis. Br J Pharmacol., 2020; 177:4021-4033.
11. Nishida S, Hayashi Y, Hirai K, Takekoshi A, Kobayashi R, Shimizu S, Niwa T, Hayashi H, Shimohata T, Sugiyama T, Suzuki A. Effect of therapeutic plasma exchange on phenytoin plasma concentration in patients receiving intravenous fosphenytoin therapy. Pharmazie. 2020; 75:488-490.
12. Hirose C, Fujii H, Iihara H, Ishihara M, Nawa-Nishigaki M, Kato-Hayashi H, Ohata K, Kumiko Sekiya K, Kitahora M, Matsuhashi N, Takahashi T, Okuda K, Naruse M, Ishihara T, Sugiyama T, Yoshida K, Suzuki A. Real-world data of the association between quality of life using the EuroQol 5 Dimension 5 Level utility value and adverse events for outpatient cancer chemotherapy. Support Care Cancer. 2020; 28:5943-5952.
13. Fujii H, Makiyama A, Iihara H, Okumura N, Yamamoto S, Imai T, Arakawa S, Kobayashi R, Tanaka Y, Yoshida K, Suzuki A. Cancer Cachexia Reduces the Efficacy of Nivolumab Treatment in Patients With Advanced Gastric Cancer. Anticancer Res. 2020; 40:7067-7075.
14. Ohata K, Kitagawa J, Niwa T, Takahashi-Yamauchi T, Harada S, Matsumoto T, Nakamura N, Hiroshi Nakamura H, Kanemura N, Shimizu M, Suzuki A. Comparison of breakthrough Gram-positive cocci infection during vancomycin versus teicoplanin therapy in patients receiving hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Pharm Ther. 2020; 45(6):1342-1348.
15. Minatogawa H, Izawa N, Kawaguchi T, Miyaji T, Shimomura K, Honda K, Iihara H, Ohno Y, Inada Y, Arioka H, Morita H, Hida N, Sugawara M, Katada T, Nawata S, Ishida H, Tsuboya A, Tsuda T, Yamaguchi T, Nakajima TE. Study protocol for SPARED trial: Randomized noninferiority phase III trial comparing dexamethasone on day 1 with dexamethasone on day 1-4 combined with neurokinin-1 receptor antagonist, palonosetron, and olanzapine (5 mg) in patients receiving cisplatin-based chemotherapy. BMJ Open. 2020; 10(12): e041737.
16. Yano H, Kuroda A, Okada H, Tomita H, Suzuki K, Takada C, Fukuta T, Kawasaki Y, Murakami I, Wakayama Y, Kano S, Tamaoki Y, Nishio A, Sampei S, Inagawa R, Kamidani R, Kakino Y, Yasuda R, Kitagawa Y, Fukuta T, Miyake T, Kanda N, Miyazaki N, Doi T, Yoshida T, Suzuki A, Yoshida S, Ogura S. Ultrastructural alteration of pulmonary tissue under conditions of high oxygen concentrations. Int J Clin Exp Pathol. 2020; 13(12):3004-3012.

原著論文(和文)
1. 宇佐美英績、木村美智男、飯原大稔、谷沢克弥、大澤友裕、兼松哲史、平出耕石、吉村知哲.岐阜県におけるがん研修制度を利用した臨床研究マインドの育成.日本病院薬剤師会雑誌.56: 1335-1339、2020
2. 土屋雅美、河添仁、江面美緒、橋口宏司、飯原大稔、橋本浩伸.医療従事者及び医療系学生に対する国際ジャーナルクラブ活動とそのアウトカム.医療薬学.46: 664-671、2020
3. 境浩康、熊田恵介、佐野美佳、丹羽隆、飯原大稔、富松英人、今井健二、村上啓雄、清水雅仁.当院における画像診断報告書の確認不足事例(87例)の検討.総合診療.30: 1540-1544、2020

著書
1. 飯原大稔(分担執筆).がん薬物療法のひきだし〜腫瘍薬学の基本から応用まで〜、「間質性肺炎」p403-409、2020.医学書院
2. 飯原大稔(分担執筆).薬トレ:薬剤師の臨床センスを磨くトレーニングブック:感染・がん「肺癌」p273-276、「腎癌」p355-356、2020.南山堂
3. 鈴木昭夫、安田浩二(分担執筆).モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい新実務実習テキスト2021-2022.p185-187、p276-285、2020.じほう
4. 鈴木昭夫、鈴木景子(分担執筆).New Strategy! 超微形態 ICU輸液がみえるグリコカリックス×アトラス.p8-11, p34-41、2020.株式会社メジカルビュー社

総説等
1. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2020最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局、71: 155-161、2020. 南山堂
2. 飯原大稔、鈴木昭夫.シリーズ:抗がん薬治療の副作用No.2 ; 副作用管理:悪心・嘔吐.日本臨床腫瘍薬学会雑誌、13: 6-21、2020.一般社団法人日本臨床腫瘍薬学会
3. 鈴木昭夫.管理職はここを見ている!ICT・AST活動:薬剤部長の立場から.インフェクションコントロール.29: 94-96、2020.メディカ出版
4. 西田承平.特集:高齢化で問題となる介護現場での糖尿病療養〜介護担当者への療養指導〜;高齢糖尿病患者さんにおける薬物療法の問題点と介護者による支援の重要性. 糖尿病療養指導のためのDM Emsenble, 8(4): 16-22、2020. 公益社団法人日本糖尿病協会 日経メディカル出版
5. 鈴木昭夫.進め!! 医療薬学研究:病院における薬剤業務に基づく研究.月刊薬事、62: 1837-1843、2000. じほう
6. 鈴木昭夫.進め!! 医療薬学研究: 病院における薬剤業務に基づく研究.PHARM TECH JAPAN、36: 1547-1553、2000.じほう

シンポジウム
1. 飯原大稔、鈴木昭夫.がん・生殖医療における薬剤師の取組み.第10回日本がん・生殖医療学会学術集会 (2020年2月、埼玉) [シンポジウム]
2. 五明岳展、岩井正道、酒井千鶴、佐々木優佳、豊吉沙耶香、垣内大蔵、柳瀬恒明、遠渡純輝、大野康、飯原大稔、澤祥幸、廣瀬智恵美、福田純久、大澤友裕、林秀樹.非小細胞肺癌患者におけるアファチニブの体内動態および副作用に影響する遺伝的因子の解析.第60回日本呼吸器学会学術講演会 (2020年9月、WEB開催) [ミニシンポジウム]
3. 廣瀬敬、野呂林太郎、井川聡、別所昭宏、下川恒生、中嶌賢尚、湊浩一、関順彦、時任高章、原田敏之、笹田真滋、林秀樹、飯原大稔、岡本浩明、久保田馨.EGFR 遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌に対する低用量アファチニブの第 II 相試験 TORG1632.第58回日本癌治療学会学術集会 (2020年10月、京都) [ワークショップ]
4. 林秀樹、廣瀬智恵美、飯原大稔、鈴木昭夫、河合琢良、生木庸寛、小原道子、小林篤史、甲斐絢子、日比野靖.臨床系教員として実施する教育・研究活動〜学生とともに多職種連携〜.第30回日本医療薬学会年会 (2020年10月、WEB開催) [シンポジウム]
5. 藤井宏典.がん化学療法におけるクリニカルクエスチョン解決のための薬剤業務に基づく後ろ向き臨床研究.第30回日本医療薬学会年会 (2020年10月、WEB開催) [シンポジウム]
6. 西田承平.改定コアカリキュラムに沿った実務実習の目指すところ 改定コア・カリキュラムに対応した岐阜大学病院における実務実習の取り組み.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2020 (2020年11月、WEB開催) [FD講演]
7. 鈴木景子.血清シンデカン-1は重症患者の早期臓器機能障害のマーカーとなりうるか?.第48回日本救急医学会総会・学術集会 (2020年11月、岐阜) [シンポジウム]

学会報告(海外)
1. Noro R, Igawa S, Bessho A, Hirose T, Tsuneo S, Nakashima M, MInato K, Seki N, Tokito T, Harada T, Sasada S, Miyamoto S, Tanaka Y, Furuya N, Kaburagi T, Hayashi H, Iihara H, Naoki K, Okamoto H, Kubota K. A prospective, phase II trial of low-dose afatinib monotherapy for patients with EGFR, mutation-positive, non-small cell lung cancer(TORG1632). ESMO Virtual Congress 2020 (Sep 2020)
2. Igawa S, Noro S, Kubota S, Naoki S., Bessho A, Hirose T, Shimokawa T, Nakashima M, Minato K, Seki N, Tokito T, Harada T, Sasada S, Miyamoto S, Tanaka Y, Furuya N, Kaburagi T, Hayashi H, Iihara H, Okamoto H. A prospective, phase II trial of low-dose afatinib monotherapy for patients with EGFR, mutation-positive, non-small cell lung cancer(TORG1632). ESMO Asia Virtual Congress 2020 (Nov 2020)

学会報告(国内)
1. 渡邊裕之、木村錦子、子守晶子、樋野光夫、高橋克之、飯原大稔、鎌田宏和、 橋本浩伸、東光久、神野正敏、辻力夫.奈良県の病院薬剤師を対象としたレジメンマネジメントに関する研修会の開催とその評価.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (2020年3月、福岡)
2. 佐藤幸奈、飯原大稔、木野村元彦、廣瀬智恵美、遠渡純輝、柳瀬恒明、垣内大蔵、佐々木優佳、五明岳展、酒井千鶴、岩井正道、大野康、鈴木昭夫.小細胞肺癌の二次治療としてのアムルビシン療法における発熱性好中球減少予防のためのペグフィルグラスチムの有用性の評価.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (2020年3月、福岡)
3. 佐藤幸奈、飯原大稔、木野村元彦、廣瀬智恵美、遠渡純輝、柳瀬恒明、垣内大蔵、佐々木優佳、五明岳展、大野康、鈴木昭夫.小細胞肺癌のアムルビシン療法における発熱性好中球減少症に対するペグフィルグラスチム予防投与の効果.第12回日本がん薬剤学会学術大会 (2020年5月、神戸)
4. 藤田行代志、飯原大稔、下川元継、早崎容、安部正和、竹中基記、山本扇里、新井隆広、櫻井美満、森美奈子、中村和人、角暢浩、村瀬紗姫、鈴木昭夫、森重健一郎.Evaluation of the antiemetic effect of olanzapine 5 mg plus standard triplet therapy on carboplatin-induced nausea and vomiting in gynecologic cancer patients (婦人科がんにおけるカルボプラチンの悪心嘔吐に対する標準療法+オランザピンの検討).第58回日本癌治療学会学術集会 (2020年月10月、京都)
5. 道内玲奈、西田承平、小森善文、丹羽隆、津村直樹、矢島睦門、太田雅弘、丹羽道夫、飯原大稔、小林亮、鈴木昭夫.GS1コード認証システム導入による薬品過誤の発生防止効果の検討.第30回日本医療薬学会年会 (2020年10月、WEB開催)
6. 別所昭宏、野呂林太郎、梅野貴裕、猶木克彦、井川聡、廣瀬敬、村田泰規、下川恒生、中嶌賢尚、湊浩一、関順彦、時任高章、原田敏之、笹田真滋、林秀樹、飯原大稔、岡本浩明、久保田馨.EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌に対する低用量アファチニブの第II相試験 TORG1632試験.第61回日本肺癌学会学術集会 (2020年11月、岡山)
7. 藤井宏典、飯原大稔、山本扇里、牧山明資、奥村直樹、吉田和弘、鈴木昭夫.ニボルマブが投与された胃癌患者におけるがん悪液質と治療効果の関連.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬剤師会東海支部合同学術大会2020 (2020年11月、WEB開催)

受賞
1. 《ベストプレゼンテーション賞》
藤井宏典、飯原大稔、山本扇里、牧山明資、奥村直樹、吉田和弘、鈴木昭夫.ニボルマブが投与された胃癌患者におけるがん悪液質と治療効果の関連.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬剤師会東海支部合同学術大会2020 (2020年11月、WEB開催)

科学研究費助成金
1. [代表者] 鈴木昭夫、[分担者] 林秀樹、田原耕平、小林亮:科学研究補助金基盤研究(C) (20K07152):小児がん患者に対する口内炎予防薬ポラプレジンク含有粘膜付着性フィルム製剤の開発;令和2-4年度
2. [代表者] 飯原大稔、[分担者] 鈴木昭夫、安部正和、林秀樹:科学研究補助金/基盤研究(C) (20K07178):卵巣癌患者の生命予後・QOL向上を目的とした経口抗癌薬の戦略的副作用予防法の構築;令和2-4年度
3. [代表者] 林秀樹、[分担者] 鈴木昭夫、飯原大稔、轟木堅一郎、大野康、平井啓太:科学研究補助金/基盤研究(C) (20K07157):個別化医療を指向した革新的測定技術の応用による抗体医薬の臨床薬物動態解析;令和2-4年度
4. [代表者] 小林亮、[分担者] 鈴木昭夫、岡田英志、渡邉崇量、富田弘之:科学研究補助金/基盤研究(C) (20K10400):分光スペクトルイメージ技術を用いた革新的な医薬品鑑査システムの開発;令和2-4年度
5. [代表者] 藤井宏典:科学研究補助金/若手研究(20K16081):骨髄抑制によるMDSC低下を指標とした膵癌化学療法における新規予後マーカーの開発;令和2-4年度
6. 丹羽隆:症例研究(20H01050):新規抗菌薬使用量サーベイランスシステムによる抗菌薬集計に関する研究.470,000円
7. 山崎瑞季:症例研究(20H01064):急性高山病に係る遺伝子多型の解析.390,000円

報道関係
1. これで納得!お薬手帳の活用術. 経済月報.2020年6月8日