・業績
 ・受賞・表彰
 ・資格・認定
 ・認定施設
 業績 [ 2018年 ] 過去の業績はこちらから

原著論文(英文)
1. Nawa-Nishigaki M, Kobayashi R, Suzuki A, Hirose C, Matsuoka R, Mori R, Futamura M, Sugiyama T, Yoshida K, Itoh Y. Control of nausea and vomiting in patients receiving anthracycline/cyclophosphamide chemotherapy for breast cancer. Anticancer Res. 38: 877-884, 2018.
2. Todo M, Ueda S, Osaki A, Sugitani I, Takahashi T, Takahashi M, Makabe H, Saeki T, Itoh Y. Improvement of treatment outcomes after implementation of comprehensive pharmaceutical care in breast cancer patients receiving everolimus and exemestane. Pharmazie. 73: 110-114, 2018.
3. Nishida S, Hayashi Y, Suzuki A, Kobayashi R, Inuzuka T, Itoh Y. Relationship between number of drugs and duration of hospital stay in elderly patients with neuromuscular diseases. Geriatr Gerontol Int. 2018 DOI: 10.1111/ggi.13292.
4. Hirose S, Matsuura K, Kato-Hayashi H, Suzuki A, Ohata K, Kobayashi R, Ibuka T, Araki H, Shimizu M, Itoh Y. Gastrointestinal bleeding associated with chronic excessive use overdosing with topical ketoprofen patch in elderly patient. Scand J Gastroenterol. 53: 120-123, 2018.

著書
1. 飯原大稔(分担執筆).がん薬物療法副作用管理マニュアル「薬剤性肺障害」p181-195.医学書院、2018
2. 石原正志、飯原大稔.いざというときのために知っておきたいオンコロジーエマージェンシー:過敏症反応、アナフィラキシーショック.月刊薬事60:p627-633.じほう、2018
3. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2018最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局69:p145-152.南山堂、2018

総説等
1. 星野良、石原正志、船渡三結、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.オピオイド鎮痛薬による便秘の予防薬としての緩下剤の有用性評価.医薬ジャーナル 54:319-323、2018

シンポジウム
1. 小林亮.慢性疼痛の薬物治療に対する薬剤師の関わり.第47回日本慢性疼痛学会 (2018年2月、大阪)
2. 丹羽隆、馬場尚志、村上啓雄.効果的な抗菌薬適正使用支援を押し進めるために必要なエレメントは? 多職種で行う抗菌薬適正使用支援の推進.第33回日本環境感染学会総会・学術集会 (2018年2月、品川)

学会報告(国内)
1. 加藤寛子、大畑紘一、山内智世、丹羽隆、中村信彦、中村博、二宮空暢、北川順一、鈴木昭夫、鶴見寿、伊藤善規.造血幹細胞移植後の発熱性好中球減少症に対するVCMとTEICの有用性と安全性の検討.第40回日本造血細胞移植学会総会 (2018年2月、札幌)
2. 福田純久、林秀樹、飯原大稔、水崎直樹、廣瀬智恵美、柳瀬恒明、大野康、伊藤 善規、杉山 正、小原 道子.非小細胞肺癌患者におけるEGFR チロシンキナーゼ阻害薬の血漿中濃度と動態関連遺伝子多型が副作用重症度に及ぼす影響.日本薬学会第138年会(2018年3月、金沢)

科学研究費助成金
1. 研究代表者/鈴木昭夫:科学研究補助金基盤研究(C) (17K08440):がん治療における口内炎に対する新規開発ポラプレジンク含有トローチ製剤の予防効果;2017-2019年度 (2018年度分;600千円/3,770千円)
2. 研究代表者/小林亮:科学研究補助金基盤研究(C) (17K08441):オランザピンの抗がん剤誘発性悪心・嘔吐に対する臨床的有効性とその作用機序の解明;2017-2019年度 (2018年度分;800千円/4,030千円)