・業績
 ・受賞・表彰
 ・資格・認定
 ・認定施設
 業績 [ 2018年 ] 過去の業績はこちらから

原著論文(英文)
1. Hayashi Y, Shibata H, Kudo T, Nishida S, Ishikawa R, Moriya C, Suzuki A, Kimura A, Inuzuka T. Drug-induced pressure ulcers in a middle-aged patient with an early-stage Parkinson’s disease. Internal Medicine. 57: 1483-1486, 2018.
2. Nawa-Nishigaki M, Kobayashi R, Suzuki A, Hirose C, Matsuoka R, Mori R, Futamura M, Sugiyama T, Yoshida K, Itoh Y. Control of nausea and vomiting in patients receiving anthracycline/cyclophosphamide chemotherapy for breast cancer. Anticancer Res. 38: 877-884, 2018.
3. Todo M, Ueda S, Osaki A, Sugitani I, Takahashi T, Takahashi M, Makabe H, Saeki T, Itoh Y. Improvement of treatment outcomes after implementation of comprehensive pharmaceutical care in breast cancer patients receiving everolimus and exemestane. Pharmazie. 73: 110-114, 2018.
4. Nishida S, Hayashi Y, Suzuki A, Kobayashi R, Inuzuka T, Itoh Y. Relationship between number of drugs and duration of hospital stay in elderly patients with neuromuscular diseases. Geriatr Gerontol Int. 18: 1018-1024, 2018.
5. Hirose S, Matsuura K, Kato-Hayashi H, Suzuki A, Ohata K, Kobayashi R, Ibuka T, Araki H, Shimizu M, Itoh Y. Gastrointestinal bleeding associated with chronic excessive use overdosing with topical ketoprofen patch in elderly patient. Scand J Gastroenterol. 53: 120-123, 2018.
6. Ohno Y, Niwa T, Hirai K, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi Y, Hayashi H, Suzuki A, Itoh Y. Time-dependent decline in serum phenytoin concentration with heightened convulsive seizure risk by prolonged administration of fosphenytoin in Japanese: a retrospective study. The Drug Monit. 40: 507-511, 2018.
7. Funato M, Ozeki M, Suzuki A, Ishihara M, Kobayashi R, Fukao T, Ioth Y. Prophylactic effect of polaprezinc, a zinc-L-carnosine, against chemotherapy-induced oral mucositis in pediatric patients undergoing autologous stem cell transplantation. Anticancer Res. 38: 4691-4697, 2018.
8. Suzuki K, Okada H, Okamoto H, Suzuki A, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi H, Yasuda R, Fukuta T, Kitagawa Y, Miyake T, Watanabe T, Doi T, Kumada K, Ushikoshi H, Yoshida S, Sugiyama T, Itoh Y, Ogura S. Effect of High-Flow High-Volume-Intermittent Hemodiafiltration on Metformin-Associated Lactic Acidosis with Circulatory Failure. J Med Case Rep. 2018 (in press)
9. Fujibayashi A, Niwa T, Takeichi S, Suzuki K, Ohta H, Niwa A, Tsuchiya M, Yamamoto M, Hatakeyama D, Suzuki A, Baba H, Murakami N, Itoh Y. Clinical impact of a prospective audit with intervention and feedback without carbapenem restriction in patients receiving carbapenem injection. Int J Clin Pract. 2018 (in press)

著書
1. 飯原大稔(分担執筆).がん薬物療法副作用管理マニュアル「薬剤性肺障害」p181-195.医学書院、2018
2. 飯原大稔、伊藤善規(分担執筆).医薬品副作用アセスメント(日本医薬品安全性学会監修).「発がん性が高い医薬品と取扱い」p29-34.南山堂、2018
3. 丹羽隆、村上啓雄.AMR対策につながる抗菌薬の使い方実践ガイド:第1章 AMR対策のために知っておきたいこと、6 抗菌薬使用モニタリングの方法と活用のコツ.月刊薬事1月臨時増刊号60:p222-22、2018

総説等
1. 星野良、石原正志、船渡三結、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.オピオイド鎮痛薬による便秘の予防薬としての緩下剤の有用性評価.医薬ジャーナル 54:319-323、2018
2. 林祐一、鈴木昭夫.医師・薬剤師協働による患者中心のポリファーマシー対策:神経筋疾患.月刊薬事 60:2054-2058、2018
3. 石原正志、飯原大稔.いざというときのために知っておきたいオンコロジーエマージェンシー:過敏症反応、アナフィラキシーショック.月刊薬事 60:627-633.じほう、2018
4. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2018最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局 69:145-152.南山堂、2018
5. 小林亮、飯原大稔、鈴木昭夫.特集「薬剤師が貢献する乳がん診療と臨床研究の最前線」薬剤師による副作用マネジメント:制吐療法.乳癌の臨床 33:207-218.篠原出版新社、2018

特別講演・ランチョンセミナー
1. 西田承平.「糖尿病の療養指導について」 第176回揖斐郡薬剤師会研修会(2018年2月、岐阜)
2. 丹羽隆.(教育講演)「抗菌薬適正使用を推進する−理論と実践−」 第1回鳥取県感染制御薬剤師セミナー (2018年3月、米子)

シンポジウム
1. 小林亮.慢性疼痛の薬物治療に対する薬剤師の関わり.第47回日本慢性疼痛学会 (2018年2月、大阪)
2. 丹羽隆、馬場尚志、村上啓雄.効果的な抗菌薬適正使用支援を押し進めるために必要なエレメントは? 多職種で行う抗菌薬適正使用支援の推進.第33回日本環境感染学会総会・学術集会 (2018年2月、品川)
3. 飯原大稔.大学病院における Oncology Pharmacist の育成.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018 (2018年3月、横浜)
4. 西田承平.多職種連携によるポリファーマシー解決に向けた臨床研究の展開.第4回医薬品安全性学会 (2018年8月, 岡山)
5. 鈴木昭夫.薬剤師のための漢方講座「薬剤師が知っておくべき漢方知識」がん化学療法における支持療法としての漢方薬の使い方.第35回和漢医薬学会学術大会 (2018年9月,岐阜)
6. 飯原大稔.(教育セミナー) 最新のエビデンスに基づくがん化学療法制吐対策〜ガイドラインの改定を踏まえて〜.第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2018年9月, 福岡)
7. 藤井宏典.食道癌および胃癌患者におけるシスプラチン誘発悪心に関する研究〜用量検索を含めたリスク因子解析〜.東海北陸ブロック Oncology Pharmacist Cpmmunity Forum 2018 (2018年9月、愛知)

学会報告(海外)
1. Abe M, Iihara H, Shimokawa M, Hayasaki Y, Fujita Y, Kanuma T, Matsuoka R, Sakurai M, Morishige KI. A open-label, multicenter, phase II study evaluating 5mg olanzapine combined with standard antiemetic triplet therapy for prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in gynecologic patients. The 17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (Sep 2018, Kyoto)
2. Iihara H, Shimokawa M, Abe M., Hayasaki Y, Fujita Y, Nagasawa Y, Sakurai M, Suzuki A, Morishige KI. Triplet antiemetic therapy and 5mg olanzapine for carboplatin-induced nausea and vomiting in patients with gynecologic cancer: a multicenter phase II study. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2018, Vienna)
3. Iihara H, Shimokawa M, Ishihara M, Gomyo T, Fujita Y, Yoshida T, Funaguchi N, MinatoK, Kaito D, Osawa T, Yamada M, Ohno Y. Combination of doublet therapy and 5mg of olanzapine for prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in thoracic cancer patients: a multicenter phase II study. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2018, Vienna)
4. Fukuda Y, Hayashi H, Iihara H, Mizusaki N, Hirose C, Yanase K, Ohno Y, Itoh Y, Sugiyama T, Obara M. Effect of Afatinib plasma levels and pharmacokinetics-related genetic polymorphisms on the degree of side effects in patients with non-small cell lung cancer. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Jul 2018, Kyoto)
5. Yamada Y, Niwa T, Katoh H, Suzuki A, Ibuka T, Araki H, Hayashi H, Shimizu M, Itoh Y, Sugiyama T. Rapid attainment to target trough concentrations of tacrolimus for early improvement of clinical symptoms in patients with ulcerative colitis. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Jul 2018, Kyoto)

学会報告(国内)
1. 加藤寛子、大畑紘一、山内智世、丹羽隆、中村信彦、中村博、二宮空暢、北川順一、鈴木昭夫、鶴見寿、伊藤善規.造血幹細胞移植後の発熱性好中球減少症に対するVCMとTEICの有用性と安全性の検討.第40回日本造血細胞移植学会総会 (2018年2月、札幌)
2. 福田純久、林秀樹、飯原大稔、水崎直樹、廣瀬智恵美、柳瀬恒明、大野康、伊藤 善規、杉山 正、小原 道子.非小細胞肺癌患者におけるEGFR チロシンキナーゼ阻害薬の血漿中濃度と動態関連遺伝子多型が副作用重症度に及ぼす影響.日本薬学会第138年会 (2018年3月、金沢)
3. 小林亮、名和美奈子、廣瀬智恵美、松岡梨恵、鈴木昭夫、森龍太郎、二村学、杉山正、吉田和弘、伊藤善規.乳癌アントラサイクリン/シクロホスファミド併用療法に対する制吐対策としてのオランザピンの有効性の評価.日本薬学会第138年会 (2018年3月、金沢)
4. 飯原大稔、下川元継、佐伯俊昭、相羽惠介、田村和夫.カルボプラチン含有レジメンに伴う悪心・嘔吐の観察研究:がん治療とCINV研究会による多施設共同観察研究のサブグループ解析.第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2018年9月、福岡)
5. 遠藤咲智子、木村沙織、池田朱里、一條萌乃、宮本航、小石典子、矢田目麻衣、山中亜祐美、尾関理恵、飯原大稔、齊藤光江、中野博文、小茂田昌代.地域包括ケアにおける薬剤師の処方提案を支援するアカデミック・ディテーリング支援システムの構築.第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2018年9月、福岡)

受賞
1. 《学生優秀発表賞》
福田純久、林秀樹、飯原大稔、水崎直樹、廣瀬智恵美、柳瀬恒明、大野康、伊藤善規、杉山正、小原道子.非小細胞肺癌患者におけるEGFR チロシンキナーゼ阻害薬の血漿中濃度と動態関連遺伝子多型が副作用重症度に及ぼす影響.日本薬学会第138年会 (2018年3月、金沢)

科学研究費助成金
1. 鈴木昭夫(代表)、小林亮(分担)、林秀樹(分担):科学研究補助金基盤研究(C) (17K08440):がん治療における口内炎に対する新規開発ポラプレジンク含有トローチ製剤の予防効果;2017-2019年度 (2018年度分;600千円/3,770千円)
2. 小林亮(代表)、鈴木昭夫(分担)、林秀樹(分担):科学研究補助金基盤研究(C) (17K08441):オランザピンの抗がん剤誘発性悪心・嘔吐に対する臨床的有効性とその作用機序の解明;2017-2019年度 (2018年度分;800千円/4,030千円)
3. 鈴木昭夫(分担)、林祐一(代表):科学研究補助金基盤研究(C) (17K09231):インセンティブ付与制度が多剤内服高齢者に与える影響の解明と制度設計に関する研究;2017−2019年度 (2018年度分;1,040千円/3,640千円)

報道関係
1. 丹羽 隆、鈴木昭夫.「抗菌薬適正使用の支援・推進における薬剤師の活動〜岐阜大学医学部附属病院 薬剤部の取り組み〜」.Pallette Vol.108
2. 丹羽 隆、鈴木昭夫.「感染制御専門薬剤師が感染症専門医と協力して推し進める抗菌薬適正使用の2つの取り組み」.PHARMACIST VIEW Vol. 27